これであなたも文法を学びたくなる!文法と英作文の密接な関係

英文を作成する上で文法を学んだ方が良い理由

文法は必要?日本人の英語力

お仕事で英語を使う人なら、当然英語でのメールのやり取りもあるでしょう。 文法を無視した英文で、果たして仕事にふさわしいメールを作成することはできるでしょうか。 確かに英語には日本語のような敬語はありませんが、相手に配慮した丁寧な言葉はもちろんあります。 ビジネスの場で失敗しないために文法は必要ですね。

仕事で使う英語にはご注意を

英文法と聞くと、どのようなイメージを抱きますか?
難しい名前がいっぱい、複雑、覚えられないなど、マイナスのイメージがほとんどだと思います。
そして、多くの人が感じていることが、英文法は英会話に必要ない、ということです。
中には、小中学生の最初に英文法から学び始め、話す訓練は後回しだから、日本人は英語が話せないのだ、という意見もあります。
実際英語を話す時、文法を意識しながら話すことはあまりありませんし、英会話を習い始めると、文法がわからなくても、なんだか話せるような気になると思います。
しかし、果たして本当に英文法を学ぶ必要はないのでしょうか。
初級の英会話に関しては、文法の必要性はそこまでないことは事実だと思います。
しかし、もっと高度な英語を話さなければならないとき、公の場でのスピーチや通訳をするとき、英文法を無視した英語を話せばどうなってしまうでしょうか。
聞き手は良い印象を受けるどころか、もしかしたら英語ができないというレッテルを貼られてしまうかもしれません。

では、英作文においてはどうでしょうか。
個人の意見としては、英会話よりも英作文のほうに文法が重要になってくると思います。
英作文は、英会話と違って文章を作るまでに考える時間がありますし、後から修正もできるからです。
言ってしまえば、英会話よりも顕著に英語力を測られてしまうものなのです。
そこで、英作文をする上で、文法を学んだほうが良い理由を挙げてみました。
これを読んで、文法を勉強するかしないかは、皆さん次第です。

言葉の身に付け方を知ろう

文法を理解しないままで、みなさんは日本語を話していますか? 母国語の文法は学校できちんと教わるわけではないので、いまいちピンとこないかもしれませんが、みなさんはちゃんと理解して喋っています。 幼い頃から日本語に囲まれて育ち、自然と身に付けたのです。 では、英語を身に付ける近道はあるのでしょうか。

あなたの将来設計を邪魔しないためにも

入りたい学校、留学で行きたい国、就職したい会社。 将来の希望を叶えるため、必ずと言って良いほど、英語の試験を受けると思います。 近年では、読み聞き以外の、書き話しの能力が重要視されており、英作文を含む試験が増えています。 高得点を獲得するためにも、文法を学ぶことは重要ですね。

TOPへ