これであなたも文法を学びたくなる!文法と英作文の密接な関係

文法は必要?日本人の英語力

その英語は誤解を与えてしまうかも

英語には敬語がないから、どんな表現をしても失礼にはならないと思っていらっしゃる方がいれば、それは大きな間違いです。
確かに、丁寧語、尊敬語、謙譲語などといった細かな敬語の種類があるような日本語と比べると、英語には敬語の概念はそれほどないように思えます。
しかし、だからと言って通じれば良いという考えから、文法を全く無視した英語を使えば、それは相手に失礼な言い回しであったり、誤解を与えたりしてしまう可能性がとても高くなるのです。
文法のミスを恐れて、英語を発信することを躊躇してしまうのは良くありませんが、発信する以上は相手への配慮が必要であり、コミュニケーションのすれ違いを防ぐためには、文法を理解する努力が大切ということですね。

ビジネスメールに文法は必須

みなさんには、英語でやり取りをする外国のお友達はいるでしょうか。
普段会話をするときはフランクに、文法のことなど考えずに話していると思います。
実際、単なる単語の羅列でも、雰囲気やジェスチャーでも伝えることはできます。
友達同士であれば、それがメールのやり取りになっても、多少間違えても伝われば良いという気軽さで文章を作っても問題ないでしょう。
しかし、ビジネスの場においてはどうでしょうか。
当然、一言一句気を付けなければいけません。
英語のネイティブではないのだから多少の間違いは多めに見て欲しい、という気持ちもわかりますが、仕事でそんな甘えは許されないはずです。
滅茶苦茶な文法のメールを送ってしまったらどうなるでしょうか。
場合によっては、会社の利益を左右することだってあるかもしれません。
英文を作成する上で、英文法を学ぶ理由がここにありますね。


TOPへ戻る