これであなたも文法を学びたくなる!文法と英作文の密接な関係

あなたの将来設計を邪魔しないためにも

受験や資格試験にも英作文が

みなさんは、英語の試験を受けたことがあるでしょうか。
高校受験やセンター試験、大学受験など、一度は経験されていると思います。
学校の受験以外にも、英語能力を測る試験はたくさんあります。
有名なものですと、実用英語技能検定、通称英検やTOEICなどがありますね。
ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、この二つの試験は記述式ではなく選択式が主で、回答方法はマークシートという選択した番号を塗り潰すといったものです。
ここで、英作文がないと安心してはいけません。
英検準一級と一級には英作文が存在しますし、もし留学を望むなら、留学の条件となっている資格試験にTOEICが採用されることはあまりありません。
他の英作文を含んだ試験を受けなければいけません。

文法の重要度は高かった!

資格試験に英作文が含まれている場合、言わずもがな、文法が重要な採点基準になります。
いくらたくさん単語や表現を知っていても、文法をきちんと学んでいなければ、点数を上げることはできないのです。
例えば、英字新聞を読んでみてください。
わからない単語の意味を全て調べたとして、それでも読解できない文章があるのではないでしょうか。
読む上で文章の構造が理解できないのに、ましてやそれを作り出すなんて不可能ですね。
しかし英作文ではそれが求められます。
資格試験では点数に大きく響いてしまうでしょう。
しかし、そもそも英字新聞同様、資格試験においても長文の理解がないと点数を稼ぐことはできないので、文法の大切さがお分かり頂けると思います。


TOPへ戻る